トイレのしつけ キャバリア

キャバリア・キングチャールズ・スパニエルのチャーリー君

我が家で飼っているわんちゃんは、
キャバリア・キングチャールズ・スパニエルという長い名前の種類であり、
通称キャバリアと呼ばれています。

 

犬が出てくる外国漫画から、名前はチャーリーと名付けました。
年齢はもう13歳にもなり、おじいちゃんですがまだまだ元気です。

 

うちのワンコは我が家に来た当初、ペットシーツを広げると、自らそこへ行きおしっこをしたので、
ペットショップで躾けられていたのもあったのでしょうが、とても手の掛からない賢い子だな、と感心したのを覚えています。

 

室内犬ですので、トイレは室内に設けるのですが、汚れても洗い流しやすいように、
とお風呂場のタイルにペットシーツを敷き、そこで用を足します。

 

ちゃんと毎回、催したらペットシーツの上をうろうろしたあとに
狙いを定めておしっこをしてくれるので助かっています。

 

時々はみ出してしまいますが、仕方がありません。

 

外出をしたときもやはり電柱におしっこをしたがりますね。
外を歩く時は常におしっこを出しながら歩くので面白いです。

 

家族全員が外出をするなどで留守をした時、やはり寂しいのでしょうね。
あてつけなのか、そういった時だけペットシーツ以外のところにおしっこをしています。

 

犬のおしっこというと可愛い物ですが、やはりおしっこ特有の臭いがするものです。

 

その臭いが結構気になるので家族が消臭ペットシーツを買ってきて
それを使用してみましたが、本当に効果があるようでした。

 

それまでは結構臭っていたおしっこですが、消臭ペットシーツですと、香りが淡くなる実感がしました。
それからはずっと消臭ペットシーツを愛用しています。

 

びっくりした事といえば、うちのわんちゃんは結構な高齢ですので
筋力が衰えないように足のマッサージをしてやるのですが
ある日椅子に座って抱っこをしてマッサージをしていたら、なんだか臭うのです。

 

もしかして、と思って足元を見ると、わんちゃんが大便を落としていました。
高齢だからおしりの筋力も弛んでいるのでしょうね。

 

お漏らしをしつつも、わんちゃん自身気付いていないのか、
気にしていないのか、涼しい顔をしていました。

 

足のマッサージをするとおしりがゆるくなるようで、ガスが出るのですが、
その際にまた大便を漏らさないか気になります。

 

そういった理由から、抱っこをして外を歩く時は
漏らしても大丈夫なように不要な毛布などを巻いてあげています。

 

毛布を巻いて抱っこをして歩いていると見知らぬ人から、
「大切そうにしているから人間の赤ちゃんを抱っこしているのかと思った」と、言われます。

 

 >> お散歩の引っ張りが、1回目で減少した動画は、こちら

 

 >> おトイレのしつけで悩んでいるなら、こちら

 

 >> 犬のしつけ方法、おすすめランキングは、こちら

 

 >> 犬のしつけ方法、プロのトレーナー比較は、こちら

キャバリア・キングチャールズ・スパニエル君関連ページ

トイプードルちゃん2匹、トイレ失敗
おトイレは数え切れない程の失敗もあり、洋服やクッションの上におしっこをされたのは序の口、うちの父親はその服におしっこが染み込んだことに気づかず何度もそのまま着たこともあります。
フレンチブルドッグ君、わざと失敗
一番大変だったことは、やはりトイレです。冬にやってきたため、コタツや毛足の長いカーペット、布団等、すべておしっこやうんちをされました。
ミニチュアダックスフントちゃん、チビる
いつもはほとんど庭に出て用を足します。 たとえ雨が止んでいても雨で下が濡れているだけで外に出ません。 家の中にはトイレシートが敷いてあるので、ここですることもあります。でもいつも失敗です。
柴犬の子犬君、うんちの粗相
散歩で外へ行けず、おトイレが出来なかったのです。 私は、犬は一日トイレが出来なくても我慢が出来ると、本で読んだことがあるので、我慢できるだろうと考え、その日はトイレをさせませんでした。

このページの先頭へ戻る