犬のしつけ 英語

犬の躾をするときに、英語でワンコに命令している人がいますが、日本語で教えてもいいのでしょうか。

犬に命令をするとき、英語で「シット」とか「ゴー」とか、
話しかけている方がいらっしゃいます。

 

これは、もともと犬の訓練士やドッグトレーナーなどの技術が
日本発祥ではなく、海外で盛んに研究され、実績が積みあがったものが
日本に入って来たから・・・という経緯もあるからでしょう。

 

また、日本語ですと、多様な言い方があるので、
英語で統一したほうがやりやすい・・・ということも、背景にあるようです。

 

一般的な家庭犬ではなく、競技に出る犬たちもいます。
その場合、競技の練習をしますが、そのマニュアルで使われているコマンド(命令)が
英語であることも多いようです。

 

競技者の方曰く、英語のほうが犬に命令するときに
単語1つで済む(ワンフレーズ)ので、犬に明確に指示を伝えることが出来るとおっしゃっています。

 

要は、目の前にいる愛犬に指示を明確に伝えることが出来れば良いのですから
特に、英語でなくてはいけないとか、日本語でなくてはいけないということでは、ありません。

 

むしろ、家族によって言葉が違っていたり、日によって言葉が変わってしまう方が
犬にとって大迷惑となってしまいますので、お気を付けくださいね。

 

普段、飼い主の方が言いやすい言葉を使って、
愛犬に愛情をこめて言葉をかけてあげることが大切です。

 

〜 基礎的な、英語コマンド 〜
誉める時 Good/Great
許可・命令の解除 OK
ダメ、イケナイ Don't
その場で動かないで待て Stay
待て wait
止まれ Stop
伏せ Lie down
座れ Sit
立て Stand
犬小屋に入りなさい house /Crate
来い、おいで Come
つけ、ついて Heel
静かに Be quiet

 

 

 >> 柴ワン管理人、犬のしつけ体験談はこちら

犬のしつけ方法≪英語を使うやり方≫関連ページ

犬に手作りご飯を作ったほうがいいの?
犬にドッグフードではなく、手作りの食事を与える飼い主さんが増えてきました。レシピもメニューも豊富にあり、チャレンジする価値はあるのでしょうか。

このページの先頭へ戻る