簡単 しつけ

教材実践3日目・・・散歩の引っ張りが、1回目で減少。

教材実践3日目。

 

1日目で、
購入者専用サイトでお勉強&しつけ必要グッズ(スマートカラー)を購入。

 

2日目で、
テキストとDVDを視聴。

 

さあ、今日から実践です。
まず、おさらいとしてDVDを視聴

 

ちなみに、遠藤さんのしつけを実行する前の我が家のワンコの動画はこちら↓

 

 

 

基本編の
1日目 主従関係の重要性(遠藤式の考え方の説明)
2日目 目指せ!スマートドッグ(スマートカラーの使い方説明)

 

応用編の
6日目 お散歩

 

この3つの項目を視聴しました。

1回で、こんなに効果あって、びっくり。

上記Youtubeと同じ日の、数分後が以下の動画です。

 

スマートカラー(しつけ用首輪)を付けて、
DVDの真似をして散歩をしてみたところ、こんなにいい子に!

 

 

 

遠藤さんのしつけ方法は2つ。

 

1)スマートカラーコントロール法(しつけ用首輪)
2)スナックコントロール法(おやつ)

 

基本は、スマートカラーコントロール法です。
スナックコントロール(おやつ)は、補助的な役割で、おやつでやってもいいよ・・・というものです。

 

上記のYoutubeでは、スマートコントロール法を試しています。

 

遠藤さんのノウハウは、説明も実践も短く、やってみるのは簡単でした。
本当は、14日間プログラムなので、毎日1項目ずつ進めていくのが王道だと思いますが、
最初の、主従関係の重要性とスマートカラーの使い方説明を読めば、後は自分の気になる項目からやり始めても全然大丈夫でした。

 

私は、毎日・毎回のお散歩をすぐに改善したかったので「お散歩」から実行。
見事に、1回で我が家の柴ワンが良い子になりました!Σ(゚д゚lll)

スマートカラーに、犬びっくり。初めはキャインと騒ぎました。

ただし、スマートカラー(チェーンカラー)を今回はじめてワンコにつけたのですが、
付けた直後は、ちょっと暴れました。

 

チェーンカラー しつけ

 

さらに、スマートカラーを付けて初めて歩き出した時、
当然、私より前に出ようとして足が速くなったのですが、
すかさず私が「ダメ!」をすると「キャイ〜ン、キャン!」となきました。

 

痛いと言うより、スマートカラーにビックリしたみたい。
その後も、数回スマートカラーを引っ張った時に、「キャイン!」と騒ぎました。
※我が家の柴犬さんは、大げさに泣く子なんです・・・

 

ちょっと怒っている風にも見えましたね。

 

スマートカラーは、ある程度犬にショックを与えるようです。
飼い主の引き具合(力の入れ具合)によって、首へのショック度も違いそうです。

 

我が家のワンコに何回か引っ張って試し、
ちょうどおとなしくなる引っ張り具合を探りながら、お散歩の練習をしました。

 

すると、付け始めはキャンキャンなきましたが、次第にいい子に。

 

ものの数分で、やってはいけないことをすると、首にショックが来るんだなと学習したようです。
スマートカラーを付けて数分で、練習用の駐車場ではいい子で散歩できるようになりました。

効果テキメン。いつもと比べると、断然イイコ!

駐車場で練習をしたところ、数分で良い子になったので、
早速、普段のお散歩道へ出かけました。

 

効果テキメン。いつもと比べると、断然いいこ!
私の横を、スタスタ歩いてくれました。

 

散歩 しつけ 上手

 

普段のお散歩道では、練習場より誘惑が多かった!
(人が通ったり、いつものトイレ場所を通ったり)

 

柴ワンコは、地面の匂いを嗅ごうとしたり、よそ見をしたり、
グイっと引っ張ろうとしたりしてきました。

 

が・・・
そのたびに、スマートカラーを遠藤方式に従って「ダメ!」とやったところ、
すぐに悪さを止めてくれたんです〜(≧∀≦)

 

ただ、この方法はワンコに嫌な思いをさせている部分があるなと思ったので
個人的には、「ダメ!」の後に従ってくれたら
「イイコ!」と沢山ほめてあげる必要がある気がしました。

 

遠藤さんのDVDの中でも、
たまに「良く出来たら誉めてあげましょう」と言っています。

 

ただ、どのくらい褒めたらいいのか?については、
言及されていないのが惜しいな・・・と思いました。

 

この部分「誉める」「信頼関係を築く」という点においては、
遠藤式は弱く(というか、あまり詳しくない)、

 

森田式のほうが、どう誉めればいいのか?どのくらい褒めればいいのかが
書いてあっていいな・・・と思いました。

 

遠藤式で日々の問題をパパっと解決しちゃって、
森田式でじっくり信頼関係を作る・・・というのが、私の中では超おすすめです。


このページの先頭へ戻る